ブログ

【解決事例】モラハラ・経済的DVで離婚を成立させた事例

相談内容

出産、子育て、転勤、転職などにより夫から心無い言葉を浴びせられ、生活費についても十分に渡してくれないという状況で離婚を決意された妻側からのご相談でした。

ご相談後

夫がとにかく離婚したくないということで交渉が難航しました。モラハラやDVはそれだけでは法定の離婚事由に該当しません。
そこで、交際開始から現在までのお気持ち(嫌だったこと)をお手紙にして頂き、家事調停において証拠として提出することで一挙に解決しました。

コメント

離婚事由がない場合の方策として、これまでのコラムでも触れてきましたが、第一に婚姻費用をなるべく高い金額で決定するという方法があります。
もちろん本件でもこれを行い、相場より若干高めの婚姻費用を定めたのですがそれでも復縁を望んできたので上記方法を採りました。
この方法も万能ではなく、特に離婚したくない理由が経済的なものである場合は有効な手法とならないことが多いですが、離婚事由がない場合は色々試行錯誤することが大事だと思います。

関連記事

  1. 【解決事例】免責不許可自由のある方の自己破産
  2. 【解決事例】器物損壊事件の被疑者を不起訴にした事例
  3. 【解決事例】交通事故で過失割合を20:80から10:90にした事…
  4. 【解決事例】無担保の状況から保証人を立てさせその大部分を回収した…
  5. 【解決事例】DV証拠がなく財産開示もされない離婚事件で相手方より…
  6. 【解決事例】交通事故で過失割合を20:80から当方無過失にした事…
  7. 【解決事例】土地の境界紛争を和解で解決した事例
  8. 【解決事例】不貞の慰謝料請求を大幅に減額した事例

目次

PAGE TOP