ブログ

【解決事例】交通事故での過失割合を10:0にした事例

相談内容

交差点で並走状態で赤信号停止していたところ、信号が青になったので走り出したら隣の車が合図なしで車線変更をしてきた結果、衝突したという物損事故。
依頼者様は訴訟は避けて早期解決をご希望されていました。

ご依頼後

相手方保険会社は車線変更中の事故で過失割合は9:1と主張していましたが、裁判例を複数示し、ドライブレコーダーの映像を細かく分析することで当方過失なしの10:0で早期に和解できました。

コメント

物損事故で9:1か10:0かというのは事故後の自動車保険料に影響します。
10:0であれば保険料が上がらないのですが、本件は高級外車で保険料が高額でしたので重要な問題でした。
交通事故を訴訟外で早期に解決するポイントの一つとして裁判例の摘示があります。
私は、保険会社の内部での決済に説得材料を与えてあげるというイメージで交渉しています。

関連記事

  1. 【解決事例】従業員引抜きの損害賠償請求1300万円超につき30万…
  2. 【解決事例】交通事故で過失割合を20:80から10:90にした事…
  3. 【解決事例】交通事故で過失割合を20:80から当方無過失にした事…
  4. 【解決事例】不貞の慰謝料請求を大幅に減額した事例
  5. 【解決事例】モラハラ・経済的DVで離婚を成立させた事例
  6. 【解決事例】免責不許可自由のある方の自己破産
  7. 【解決事例】土地の境界紛争を和解で解決した事例
  8. 【解決事例】悪意の遺棄での離婚訴訟で勝訴判決を獲得した事例
PAGE TOP