ブログ

【解決事例】不貞の慰謝料請求を大幅に減額した事例

相談内容

ダブル不貞の慰謝料請求の訴状が届いたので対応して欲しいとのご依頼でした。

ご依頼後

全て認めて早急に示談して欲しいとのことでしたが、訴状によれば相手がどの程度の証拠を持っているか不明でしたので前訴の裁判資料を取り寄せました。
結果として、不貞行為を争うのは難しいとの判断に至ったので迅速に和解を成立させました。
依頼者の要望でスピード解決を重視しましたが当初の請求額の3分の1未満での和解となりご満足いただけました。

コメント

不貞の慰謝料請求を受けた場合、相手がどのような証拠を持っているかが非常に重要です。
本件では別訴の訴訟資料を取り寄せるという方法が功を奏しました。

関連記事

  1. 【解決事例】交通事故で過失割合を20:80から10:90にした事…
  2. 【解決事例】無担保の状況から保証人を立てさせその大部分を回収した…
  3. 【解決事例】器物損壊事件の被疑者を不起訴にした事例
  4. 【解決事例】悪意の遺棄での離婚訴訟で勝訴判決を獲得した事例
  5. 【解決事例】DV証拠がなく財産開示もされない離婚事件で相手方より…
  6. 【解決事例】交通事故での過失割合を10:0にした事例
  7. 【解決事例】モラハラ・経済的DVで離婚を成立させた事例
  8. 【解決事例】交通事故で過失割合を20:80から当方無過失にした事…
PAGE TOP