ブログ

【解決事例】免責不許可自由のある方の自己破産

相談内容

キャッシングからの株式投資による借金地獄で自己破産したいが免責不許可事由に当たるのでは無いかというご相談でした。

ご依頼後

免責調査型で自己破産を申立てました。
管財人から財産隠しを疑われ、厳しい追及を受けましたがその全てに対応しきることにより依頼者の財産の減少を防ぎました。

コメント

自己破産において大変なのは管財人への対応です。管財人は容赦なく訴訟等行い財産を回収していくため迅速かつ誠実な対応をとることが重要です。
特に免責調査型の自己破産では弁護士への依頼が不可欠だと思います。

関連記事

  1. 【解決事例】不貞の慰謝料請求を大幅に減額した事例
  2. 【解決事例】土地の境界紛争を和解で解決した事例
  3. 【解決事例】交通事故での過失割合を10:0にした事例
  4. 【解決事例】器物損壊事件の被疑者を不起訴にした事例
  5. 【解決事例】無担保の状況から保証人を立てさせその大部分を回収した…
  6. 【解決事例】悪意の遺棄での離婚訴訟で勝訴判決を獲得した事例
  7. 【解決事例】従業員引抜きの損害賠償請求1300万円超につき30万…
  8. 【解決事例】モラハラ・経済的DVで離婚を成立させた事例
PAGE TOP